メルマガ 3月24日 創刊 サイトをご覧ください

2006年05月25日

■ 家計診断での体験を活かして

福岡での話しですけど、何件くらいの相談を受けたでしょう。

読売新聞や月刊誌の連載など紙面の相談、住宅展示場の相談コーナー、
貯蓄相談コーナー、有料相談。

その中に、夫から定額の家計費をもらい、やりくりをしなくてはいけない方が何人もいらっしゃいました。

ご主人の職業は金融機関に勤めていたり、公務員だったり。

ま、それはどうでもいいのですが、

定額の中でのやりくりも、子どもが大きくなり食費などが増えるとがんばってもたりないのです。

がんばる意欲も失せてしまうケース、
夫に家計費を上げてもらえるように言えずに困って相談のケース、
実家に助けてもらっているケース・・・いろいろでした。

他に共働きでも、二人分あわせても本当にぎりぎりの生活費でやりくりしている方もいらっしゃいました。

こういう状態だと、何かを考えたり、大きな目標(金額が大きいものの購入)に向かってがんばるって、何もできなかったんです。

それを見ているので、

子どもの定額のこづかいを使っての教育は、何のためにするか?というときに

ただ、お金を使う練習、こづかい帳を書く訓練ていどではもったいないと考え、

1年生の最初500円の時には、数人の方の体験談から500円の管理はできるのではないかという判断でしたが、

その後、2年生1000円、3年生2000円とこづかい額をあげていったのも

余裕資金をどう使うか、どうためて大きなものを買う気にさせるか、
そこを見たかったし、やらせたかったんですね。

少々の誘導はいいですよね。体験をたくさん積ませるためですから。


1年生で月単位の管理がどうか?という部分も、無理ではないと思いますが、そこは保護者の判断。
週単位できちんと管理をさせて慣れさせるのもいいと思います。

最初にこづかい額めいっぱいの買いものをしても500円。
その時期に、買ったあとの日々は我慢ということを覚えればいいのですから、
我が家の場合は、慎重にっていう金銭教育ではありませんでした。

反対に、1年生でもこんなにできる、2年生でもこんなにできるって
すごいところを見せてもらって、

私のほうが信じる子育てを教えてもらいましたね。
この記事へのコメント
はじめまして。
こんにちは!

素敵なブログですね。
更新楽しみにしています。
それでは、また遊びにきますね。
Posted by べんべら at 2007年05月23日 07:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキングにご協力お願いします。 人気blogランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。