メルマガ 3月24日 創刊 サイトをご覧ください

2006年04月21日

■ 幼児期からお金の教育 1

幼児期からお金の教育、決して早過ぎません!
            ゆっくり育てることができるから

           
私の二男も小学5年生になりました。

日々の会話には経済の話題が少しずつ入ってきています。

わが家では台所が一番の勉強できる場所かもしれません。
一緒に買い物に行き、モノの値段の話、生産地の話、BSE問題だったり、気候のことや時事問題だったり、話をしようと思えばいくらでもありますね。

一緒に調理をしながら、材料費を計算してみるとお弁当って安いよね、何でだろう・・・という話になったりもします。

わが子を見るだけでなく、仕事としての活動からは、
「小学生になる前の時期もお金の教育を始めていい」最近は、そういう確信も出てきました。


教育というと1歩引いてしまいます。

金融経済を教えるというより、

もっと手前の「お金の役割」だったり、まずは全てが手に入ることはないと教えたり、自分の意思で選ぶ体験をたくさん作る、いろんな仕事を見せる、・・・・つまり特別なことではないことの中に、意識さえすれば、学びの場があるということに気付いたのです。

全国を回っていて、いいなと思った幼稚園や保育園の取り組みがあります。

「交換」を教えるのにお金に見立てたチケットを使い、自由におやつの量を増やせるようにして楽しんでいる園が、熊本にありました。

「サービス」も有料であると教えるのに、郵便局に出向き、切手を買い、配達というサービスにお金が必要である話を丁寧にしている園が福岡にありました。

「購買部」を月に1回だけ開催し、子どもたちが、親から封筒に準備してもらった現金で自分に必要なものを買う体験をさせている園が千葉にありました。

もっともっとあるはずで、そういうものを集めてみたいなと思っています。

次回は、私の二男が保育園時代に学んだお金のことを取り上げてみたいと思っています。


                     
           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

株式投資ならここ!
Excerpt: 新興市場3銘柄も本日ストップ高!! ストップ高銘柄連発!ほんとにすごい!一見の価値あり!! アドアーズ、グラフテックに続く銘柄が今日も急騰!! それは一体!!!???
Weblog: 株式投資のWINチャンネル
Tracked: 2006-04-20 22:45

2006.3.10掲載【働く人の気持ち模擬店で】お店屋さんごっこで保育園児学ぶ
Excerpt:  お店屋さんごっこを通して、 働く人の気持ちを味わったり、 お金の受け渡しなどを、こどもたちに体験してもらおうと、 毎年行っている保育園の行事「うねめフェスティバル」が、 チャイルドハウス..
Weblog: タウンレポーターのひとりごと
Tracked: 2006-04-21 10:11
ブログランキングにご協力お願いします。 人気blogランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。