メルマガ 3月24日 創刊 サイトをご覧ください

2006年01月26日

■ ご紹介したい中学校の先生

1月3日に「僕たちの幸せマネー大作戦」を見た際に、

サイトで検索をしていて出会えた中学校の先生です。

まだ、メールをお送りしただけなのですが、私のブログに紹介することは

了承を得ていますので、一部抜粋で、ブログ内容をご紹介します。

☆[2006年01月03日(火) ] 日米の経済教育の違い…私はこう思う

  体験して、経済の仕組みを分からせるための様々な方策は、
  日本もアメリカも大差なく行われていることが多く、
  
  日本とアメリカの経済教育に違いーそれは、支えるNPOの存在や
  教師の熱意など、教師の姿勢、教師の取り組める環境づくりも大切
  
  ↓
  
  先生たちの環境からは、一気に金融経済教育が授業の中にはいっていくのは

  難しいなと思っていましたが、関心の高い先生の努力は始まっているのですね。



☆[2006年01月21日(土) ] 知識は日本より低いが実践力のあるアメリカの高校生の経済教育
 

  アメリカの教育では、明日に生きる知識、ではなく、
  明日に生きる実践力を育てている
  
  アメリカの経済教育にあって日本にはないものは何か、
  逆に、日本の経済教育のよさは何か、

  ↓
  
  私も、ここ、知りたいです!


☆[2006年01月13日(金) ] 株式学習ゲーム10周年記念シンポジウムのパネリストに! 

  「株式学習ゲーム10周年記念シンポジウム」
   2月25日(土)2時〜  場所は東京証券取引所
  
  他の分野の学習と違い、経済の知識などは
  しっかりと理解させられたという実感がないのか…。
  その理由として指導している私自身が経済というものを
  身近でしっかり実感していないからではないか・・・(略)
  
  ↓
  
  理解させられた実感がない、その理由はとの考察からスタート
  大事なことですが、多くの先生はここまでできないのではないでしょうか。

  このシンポジウムにでられる中学校の先生はお一人。
  毎日更新のブログから、熱心さが伝わってきます。
  
  愛知県安城市立安祥中学校 松永博司 先生のブログは ここ 

  もしかするとライブドアの件もあり、中学生に株式学習ゲームというだけで

  反対論も出てくるかもしれませんが、

  私は関心を持って内容を確認してみたいと思っているところです。
posted by じんない at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキングにご協力お願いします。 人気blogランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。