メルマガ 3月24日 創刊 サイトをご覧ください

2006年01月18日

■ 「あらしのよるに」の秘密を教えてもらって

講談社現代新書【きむら式 童話のつくり方】 (著者:木村裕一氏)を読んで

いい絵本が何か、少しだけ自分の中に物差しができてきました!

わが家にある300冊ほどの絵本は、ほとんどが長崎の童話館からの配本です。

プロが選んだ、子どもの年齢にあういい絵本。

その中から、20冊くらいでしょうか、金銭教育に役立つと思う絵本を選び、

時間があれば書店にも出向いて探し、

今のところ、合計30冊くらいが金銭教育おすすめの本です。

絵本で感動していると、自分でも作りたいなあという気持ちが出てくるんですね。

子どもにお金の話をする絵本の構想を練っていて、

今回、童話のつくり方の本に出会ったわけです。

大人の本は「起承転結」だけど、童話は「起承承承転結」なんて見て、

絵本を思い出すと本当にそういうのが多いのでなるほどって感心してしまってます。

【ほんとにほんとにほしいもの】なんてまさにそう。 

    絵本コーナーのブログはここ



ほかにいろいろ感じたんですけど、たとえば、

個性を大事にしなくちゃと思っているので特別なことを意識していたら

 「誰の心の中にもあるのを描いて共感させる」

ゲームにも、本にも、ワークショッププロラムにも、メッセージを入れこまなくちゃ、って意識していたら

 「僕はメッセージ絵本が嫌いである」

ここがポイントって繰り返しの効果を狙うセミナーをやっているのだけど

絵本は違うのだと気づかせてくれた

 「読者が感じる感情をわざわざなぞる必要はない」

・・・・・ん、私、変わりそうです(笑)。



他の読み物で、

日本の教育は左脳をうまく使えるような教育をしているって書いてあって、

案が浮かぶって【右脳】を上手に使うことらしく、

私は右脳のほうが発達しているかもしれないなあと思ったんですけど、

もしかすると、絵と感情を文字で表した童話で

右脳を鍛えてきた(退化させなかったというほうが近いかも)のかもしれないなあと思いました。

絵本は、本当におすすめです。

今日は、人気ブログランキングが18位にあがっていました。感謝です!


1月21日にある静岡のワークショップのことを

多くの方に知っていただきたいなあと思って

ちょっとがんばっているところです。よろしくお願いします。

イベントリンクは 黒ハート ここ 黒ハート

ブログランキングは 黒ハート  ここ 黒ハートです!
posted by じんない at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11867422

この記事へのトラックバック
ブログランキングにご協力お願いします。 人気blogランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。